音楽の素晴らしさ

2012年12月04日

2012年12月2日 第30回記念の サントリー主宰 佐渡裕氏指揮の「10000人の第九」に家内&友人たちと参加してきました。

1部のゲストがすごくて、
平原綾香さんが第九第三楽章の編曲した「LOVE STORY」を、
森山良子さんが「涙そうそう」をしんみり歌い上げました。

盲目の天才ピアニスト辻井信行氏がオーケストラをバックに演奏した「ラフマニノフのピアノ協奏曲#2」は素晴らしく皆感動しました。

さらに、当時のシークレットゲストの槙原敬之氏の登場は、会場が騒然となり、「世界で一つだけの花」を1万数千人で大合唱して大いに盛り上がったのです。


そして、第2部は、いよいよ ベートーベンの第九の演奏と第四楽章では大合唱。
ベルリンフィルオーケストラでも指揮した世界的指揮者の佐渡裕氏の指揮は、やはり秀逸でどんどんオーケストラも観客も巻き込んでいきました。

クライマックスの第四楽章では、10000人が3-4カ月の練習の成果を発揮するべく渾身の力で、佐渡氏の指揮に集中し一つになり 見事に歌い上げました。
10000人が200年前の楽曲に1つになる瞬間は鳥肌ものです。
その感動は、終わってもなんと15分以上続きました。
カーテンコールが鳴りやまず、ゲストが歩き回り、余韻を十分に味わえました。


私たちは3年連続ですが、このイベント自体は30年目、延べ30万人が参加したことになります。
多くの人がこの参加をライフワークにしています。
それはベートーベンの素晴らしさと共に音楽の持つ力を感じずにはおれません。

生演奏は、その瞬間に消えてしまいますが、その感動はいつまでも残ります。
それも10000人が瞬間を同時に味わうことができるのです。
このようなイベントに参加でき、音楽の素晴らしさを知りえたことが人生に潤いを与えてもらえ、大きな楽しみとなりました。

ベートーベンさん、ありがとう。
佐渡さん、ありがとう。
サントリーさん、ありがとう。
ずっと続けてくださいね!!
posted by アッシュリーズ at 18:08 | 東京 ☀ | Comment(1) | 『超就職研修 ファッション流通科』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ここでは初めまして。こんばんわぁ。
え〜とクラスの打ち上げで横にいた者です(笑)

遅くなりましたが第九そして打ち上げお疲れ様でした。
いやぁ本当に素晴らしかったですよね。
あのホールで一万人という数の一体感。
そして音楽その物が我々に感動というものを教えてくれる。
こんな素晴らしいイベントに参加できたことはやっぱり誇れるものがありますよね。
ほんとこのイベントに感謝というかまさに「有難う!」ですなぁ。

さて打ち上げの時まさか近所だとは思いませんでした(笑)
偶然というか何か縁があるのかなって思いました。
「一万の第九」の魅力ってもう一つこういう出会いもあるのかなぁって私は思います。
また機会あったらいつでも声をかけてくださいね。

では来年お会いできること楽しみしております。

田平 匡亮
Posted by masaaki tabira at 2012年12月11日 19:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。