特別講師

2011年08月19日

(株)エプルガ の代表取締役中島晋哉氏が特別講師で登壇。

元高島屋のカリスマバイヤーとしてNYで活躍された話などを失敗談も交えて、
面白く熱く語っていただきました。

blog1.JPG


中島氏が力説するのは、時間は未来から流れてくるというものです。

「未来は過去の自分が作る」さらに、現在はすぐに過去になるのだから、
「今をどう生きる」の重要性を説かれています。
そのために、20-30年後の「未来設計図」の作成を提案されました。

受講生にも「未来設計図」を書いてもらいました。
その一部を 下記に掲載いたしました。
研修生の熱い思いをご覧ください。

中島氏の経歴をもう少し詳しくお伝えします。
高島屋退社後、企業再生事業に携わった後、あの有名な
スターバックスに役員として、今の地位に築き上げるのに貢献。
現在は、コンサルタント業、飲食店経営。財団法人「志友会」も主宰。
日本の流通業再生を真剣に考えておられる 本当に熱い男なんです。

経営する会員制バーの「プラットフォーム」では、月1-2回「ビジネス
プラットフォーム」を開催。業界を問わず 若手経営者のサクセス
(たまには失敗談)を披露。その後、つながるアットホームなセミナーは
多くの人に影響を与え続けています。

興味ある方が、是非問い合わせてみてください。

http://www.eplga.co.jp/


超就職研修研修生の20-30年後の未来予想図

H君  自分がファッションそのものになる。
     ファッションディレクターを経験して、誰もが認めるファッションリーダーになりたいです。    

Sさん ファッション界のスタジオジブリになる。
    日本的なファンタジーをファッションにしたいのです。

Y君  自分の人生が映画になる。
    自分の提案で新しいカルチャーを生み出して求められたいのです。

その他、「自分のブランドの立ち上げ」「世界的デザイナー」「ショップオーナー」など
様々な夢を語ってもらいました。

頑張れ研修生!
中島さんも我々も心より応援します。



Ashley's
   篠原卓





posted by アッシュリーズ at 12:30 | 東京 ☔ | Comment(0) | 特別講義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

研修生との出会いA

2011年08月18日

関西弁のIさん


派遣先の工場を震災の影響で解雇されてしまった三重のIさん。
最初の思い出は、電話からだった。

募集開始して間もないころ、
いきなり「絶対参加したいねんけど、先生なんとかして。住むところもないねん」と
困った声で電話してきたのがIさんだった。

その時は、私も先生と呼ばれたのは人生で初めてだったのだが、
それにしても、なんという無茶な・・。


ただ電話をくれた、未来ある子を放っておくことなどできず。

そこで、知り合いの不動産屋さんに相談し、
杉並区の大家さんを紹介していただき、

また、私の息子が今年から入居していた、
神奈川の学生ハウスを運営している会社にも相談させていただいた。


相談の上、両方とも今回の研修受講者には、
特別条件で貸してくださることになり、心より感謝!



でも、その後上京してきて、部屋を内覧したIさんは、

「こんな狭い部屋イヤや。私の大型テレビ入れへんやん」と。
「どないせいと言うねん!」と私も関西弁で対抗。


なんとか説得の上、入居に至り、
いまも毎日元気に研修会に参加されています。

やれやれ!



しかし、この入居できる物件を確保できたことで、状況は一変。
何と被災地からも含め、地方の参加希望者からの問い合わせが殺到した。

結局、岩手から2名。福島・宮城・愛知・富山・岡山から各1名。

Iさんを含めて、この研修会のために上京された方が7名になりました。
色々ありましたが、Iさんには感謝しています。(本人にはまだ言っていませんが…)







posted by アッシュリーズ at 09:20 | 東京 ☔ | Comment(0) | 研修生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

研修生との出会い@

2011年08月16日


>>イケメンF君


はじめての説明会に最初に顔をだしたのが、
福岡から転職のために上京してきた超イケメンのF君。

事情を聞くと、東京の転職先のセレクトショップは、
震災のため業績下方修正を余儀なくされたため一方的に内定取り消し。

・・・途方に暮れていたところ、WEBでこの研修科のことを知り、説明会に参加。

説明会後、「一緒にがんばろうよ!」と伝えると、
彼も笑顔で「頑張ります」と返事をくれて、
さっそく申し込まれました。

私の責任を初めて感じた瞬間です。


結局、彼は開始までの3週間の東京での活動で、
就職先を自力で見つけられ、研修には参加されませんでした。


実際には一度しか会いませんでしたが、忘れ難いイケメンF君。


『F君、いまはどうしていますか?』
『これを読む機会があれば、連絡ください』






posted by アッシュリーズ at 21:31 | 東京 ☀ | Comment(0) | 研修生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。