就職するコツ

2012年12月27日

この12月に「超就職研修 ファッション流通科」は5期生が修了し、7期生の研修が開講した。
1月には8期生の研修も始まる。

そんな中、幸い受講生からの反応はよく、修了した受講生の就職も順調に決まっています。


不況で苦しい企業が多くても、企業はヒトである。
だから、今就職できない人でも少しアプローチを変えれば、案外あっさり決まったりするから面白い。
我々は、3か月間毎日のように受講生と接している。
するとその人の強み弱みがよく分かる。
その強みを活かす就活をアドバイスするだけなのです。

履歴書や職務経歴書は、ずっと書類で落とされていた人でも我々がアドバイスするとほとんど通ってしまう。
実は簡単なことで、書き方を企業目線で書き変えるように指導するだけです。
みな自分の目線で書いて失敗するのですが、企業が自分をどう見て、どう活躍できるかと言いう筋書きを、自分の過去のエピソードを交えて、信ぴょう性を高めて書くのです。

つまり、「いつも自分のことは考えているが、人から自分はどう見えているか」と言うこと、
特に自分の長所については考えていない人が多いように感じます
感情を入れずに自分を客観視して冷静に分析すること。
それができれば、あなたの強みを期待してくれる企業は必ず有るはずです。
前向きにとらえて頑張りましょう。
posted by アッシュリーズ at 16:38 | 東京 ☀ | Comment(0) | 『超就職研修 ファッション流通科』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

総選挙

2012年12月15日

間もなく、国の指針が決まる総選挙である。

先回の選挙で我々は、変化を選択した。
しかし結果は無残なもので、特に震災の対応は我々を震え上がらせるほど悲惨なものだった。
あの時ほど、アメリカの有り難さを感じた事はなかった。

高速道路無料化や子供手当など一時的な効果しかない政策に国が借金をして金をばらまき、景気は悪化の一途を辿っています。
何よりもその方針が見えないのが辛い。


いまや国民は冷めた目でしか国政を見ていません。
醜いばかりの離合集散で烏合の衆である新政党が乱立し、当選だけが目的なのは丸見えなのです。

今こそ真のリーダーシップが求められています。
どうやって国を立て直すのか。
その方向性を示して、導いてくれるリーダーです。


江戸末期、日清・日露戦争時代、敗戦後。
日本自体の存在が危ぶまれる危機を我々の先達が乗り切って、今の繁栄があります。

決して諦めず、下を向かず、選挙を自分の事ととらえて一票を投じようではありませんか。
posted by アッシュリーズ at 14:05 | 東京 ☀ | Comment(0) | 『超就職研修 ファッション流通科』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

音楽の素晴らしさ

2012年12月04日

2012年12月2日 第30回記念の サントリー主宰 佐渡裕氏指揮の「10000人の第九」に家内&友人たちと参加してきました。

1部のゲストがすごくて、
平原綾香さんが第九第三楽章の編曲した「LOVE STORY」を、
森山良子さんが「涙そうそう」をしんみり歌い上げました。

盲目の天才ピアニスト辻井信行氏がオーケストラをバックに演奏した「ラフマニノフのピアノ協奏曲#2」は素晴らしく皆感動しました。

さらに、当時のシークレットゲストの槙原敬之氏の登場は、会場が騒然となり、「世界で一つだけの花」を1万数千人で大合唱して大いに盛り上がったのです。


そして、第2部は、いよいよ ベートーベンの第九の演奏と第四楽章では大合唱。
ベルリンフィルオーケストラでも指揮した世界的指揮者の佐渡裕氏の指揮は、やはり秀逸でどんどんオーケストラも観客も巻き込んでいきました。

クライマックスの第四楽章では、10000人が3-4カ月の練習の成果を発揮するべく渾身の力で、佐渡氏の指揮に集中し一つになり 見事に歌い上げました。
10000人が200年前の楽曲に1つになる瞬間は鳥肌ものです。
その感動は、終わってもなんと15分以上続きました。
カーテンコールが鳴りやまず、ゲストが歩き回り、余韻を十分に味わえました。


私たちは3年連続ですが、このイベント自体は30年目、延べ30万人が参加したことになります。
多くの人がこの参加をライフワークにしています。
それはベートーベンの素晴らしさと共に音楽の持つ力を感じずにはおれません。

生演奏は、その瞬間に消えてしまいますが、その感動はいつまでも残ります。
それも10000人が瞬間を同時に味わうことができるのです。
このようなイベントに参加でき、音楽の素晴らしさを知りえたことが人生に潤いを与えてもらえ、大きな楽しみとなりました。

ベートーベンさん、ありがとう。
佐渡さん、ありがとう。
サントリーさん、ありがとう。
ずっと続けてくださいね!!
posted by アッシュリーズ at 18:08 | 東京 ☀ | Comment(1) | 『超就職研修 ファッション流通科』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。